一瞬で夢破れた調理師時代

高校を卒業後、某調理師専門学校にて西洋料理を専攻し、その後、某5つ星ホテルのフランス料理の厨房で働きました。華やかな料理の世界を夢見て入社したそのホテルのキッチンにはトップシェフはもちろんのこと、各セクションごとにその人の名前を冠に料理本が出版されるような有名シェフたちが集まる最高峰の現場だったのです。何もできない一番下っ端の僕には、もちろん大した仕事も与えられず、毎日のように怒鳴られ、時には殴られ、蹴られたこともありました。根性のない僕はすぐに心が折れ、夢見ていた料理の世界をわずか3年ほどで諦めてしまいました。そのホテルは外資系だったこともあり、日本人だけでなく多くの外国人が働いていました。ホテルで働いていた時にずっと疑問に思っていたことがありました。

「殆どの日本人はとても苦しそうに働いているのに、外国人の従業員はとても楽しそうに働いている。どうして?」

どうして外国人の人たちは楽しそうに働いているんだろう?その答えが知りたくて、と言うよりもどちらかというと一旦、人生のリセットボタンを押したくて、僕の心のリハビリを兼ねた海外逃亡生活が始まります。最初にオーストラリアにワーキングホリデーで1年間、全く英語も話せない状態で渡豪。その後、アメリカの大学に留学しグラフィックデザインを専攻し卒業後、運良く雇ってもらえる会社にめぐりあい、アメリカでウェブデザイナーとして働き始めました。

毎日がワクワクの引き寄せ時代

その頃の僕は、ホテル時代に傷ついた心もかなり癒えていて、ウェブの仕事がとても楽しくて、毎日ワクワクして働いていました。ワクワクしながら仕事・生活をしていると、様々なプラスのことを引き寄せました。ウェブのスキルもその時にかなり得ることができましたし、当時書いていたブログが人気になり、多くの副収入を得たり、日本のウェブ雑誌に連載することが出来たり、アメリカの永住権が取得出来たり、結婚して子供が出来たり、独立して自分のビジネスを始めたり。その頃の僕の人生はすべてがイメージ通り。すべてが順調でずっとそんな生活が続くんだろうと思っていました。すべて自分が思い描いた通りの結果を引き寄せることが出来ていました。

その頃の僕は「自分には才能がある」と少し天狗になっていた部分もあったような気がします。もちろん、そんな勘違いは、長くは続きません。ほんの数年で自分のビジネスもあまりうまく回らなくなってしまい、会社を閉じることになります。会社を閉じる前の数カ月間はとても苦しく、辛い毎日でした。マイナスのイメージは、マイナスを引き寄せ、日々苦しくなっていきました。正直なところ、すべてを諦めてしまいたいという衝動にも駆られました。

幸いな事に妻や子供たちのサポートもあって、今は復職し、なんとか生活を続けていくことが出来ています。すこし冷静になれた今、これまでの僕の人生を振り返ってみて、あのホテルで働いていた時に思った疑問

「殆どの日本人はとても苦しそうに働いているのに、外国人の従業員はとても楽しそうに働いている。どうして?」

その答えが知りたかった当時の僕の気持ちが、また沸々と湧き上がってきました。思ったことがなんでも叶っていた上手く行っていた時の自分、上手く行かなくなってしまった時の自分。どちらも同じ僕なのに、何が違ったんだろう?

楽しくワクワクしながら働きたくて、海外生活を始めて、少しずつ小さな成功を積み重ねて来たけど、その後積み木崩しのような大きな挫折を経験しました。振り返ってみると、思い描いた人生をイメージ通りに進められていた頃の僕は、ホテルで楽しそに働いていた外国人の方々と同じ様に楽しそうに働いていたのです。毎日、自分の未来を思い描いて希望でいっぱいでした。それがいつしか現状に不満を持ち、過去に焦点を当て、他人と比較して、ネガティブな思考に陥って失敗を引き寄せてしまっていたのです。

思い描いた通りの人生をうまく進められていたあの頃の自分を取り戻したくて、毎日、自分の未来にワクワクしていた自分にもう一度出会いたくて、色々な本やブログ、セミナーなどで勉強しました。その学びから様々な気づきがありました。そんな気づきを読者の皆さまとシェアして一緒に心も体もお仕事も人間関係も全てが自分の思い描いた通りに進められる人生が送れる様になれたらいいなと心から思っています。

関連する記事

GLAMOLIFEについて

お金も仕事も家族も大事!幸せなお金持ちになる為に日々勉強を続けています。

日々の学びから得た気づきを読者の皆さまとシェアして一緒に心も体もお仕事も人間関係も全てが自分の思い描いた通りに進められる人生が送れる様になれたらいいなと心から思っています。

続きを見る

Recent Comments