過去や現在にとらわれてなかなかネガティブな思考から抜け出せない方が多くいます。

学歴がない
時間がない
お金がない
人脈がない
歳をとりすぎた
歳が若すぎる

などなど。過去や現在の状況を自己分析して言い訳をするのです。言い訳をしてネガティブなセルフトークを繰り返しても人生が豊かになることは絶対にありません。

現在の状況とあなたの未来の人生はなんら関係がないのだそうです。

学歴がなくたって、時間がなくたって、お金がなくたって成功している方は沢山いらっしゃいます。その成功した方たちは成功する前の何も成し遂げていない状況を悲観するのではなくて、成功している未来の自分に既になっていたのです。

ソフトバンクの孫社長は、会社設立当初まだアルバイト二人のだけの時に、「豆腐を12丁と数えるように、我が社の売上も12兆と数えられるような企業にするのだ!」と語られていたそうです。当時のアルバイトスタッフは一体どう思ったのでしょうね。しかし、2018年現在、ソフトバンクの売上は連結売上で約9兆円、営業利益も1兆円を超え、日本を代表する大企業に急成長しています。孫社長はまだアルバイトスタッフが二人の時にすでに、ソフトバンクが数兆円規模の会社になっていることを想像してワクワクしていたのではないでしょうか。

何も持っていない現在に焦点を当てるのか、それとも夢を叶えている未来の自分を想像してワクワクするのか。それを決めるのはあなた次第なのです。

何かの壁にぶつかるたびに、「自分は不幸だ」「自分は運が悪い」と思えば、必ず未来も不幸で運が悪いままになります。壁を乗り越えた先の未来を想像してワクワクすればきっとあなたの未来はより良い未来になるのです。

ネガティブな思考には3種類あると言われています。

1.後悔
皆さんにも後悔はたくさんあるのではないでしょうか。そして自分なりの解釈を加えて落ち込んでしまうのです。過去を振り返って、「あの時どうして転職なかったんだろう?もしあの時転職していたらもっと給料が高かったかもしれないのに」などの後悔です。給料が高かったかどうか、成功できたかどうかはただの妄想です。

2.優柔不断
ネガティブというよりも思考が停止してしまっているという表現の方が正しいのかもしれません。失敗を恐れるあまりに何も行動しないので全てが後手に回ってしまうのです。決断することはかなりのエネルギーが必要です。しかし決断して一歩踏み出さなければあなたの未来は何も変わりません。

3.不安
「もし失敗したらどうしよう?」などの未来に対するネガティブな思考です。未来の計画をたてることは重要ですが、失敗を恐れていても仕方ありません。失敗をしても、それを乗り越えられると信じて行動あるのみです!

上記のネガティブな思考は決してあなたを助けることにはならないのです。

未来を想像することは最初のうちは勇気が必要かもしれません。気がつけばネガティブな思考になっているかもしれません。そんな時は少し思考を止めて、ゆっくりと深呼吸して心をニュートラルな状態に戻すように心がけましょう。

そして、成功してしまっている未来の自分を妄想してみませんか?

関連する記事